FC2ブログ

読書会の模様&感想 (2018年5月)

5月6日に、福島シルバーバーチ読書会を開催いたしました。

日本における5月は、いたるところに神からの恩恵を感じられる季節です。
たくさんの花々が美しく咲きほこり、木々の葉っぱ光り輝き、ひな鳥たちはそのかわいらしいさえずりを聞かせてくれます。

今月は、「思想Ⅱ」から“摂理と霊的成長”についてと、『道しるべ』から“11章 霊的真理は不変です”を学びました。
さっそく参加者の感想をご紹介します。

-----

【感想】
『道しるべ』の中で、イエスと霊界の大審議会について書かれている個所から感じたことです。
光まばゆい大組織の末端の一員が、私たちスピリチュアリストであるということを再認識して、気持ちが引き締まりました。
より高い波長に感応できる道具となれるよう、毎分・毎秒、積極的に自分を高めていきたいです。

-----

霊界の道具としての「誇り」と「自覚」が満ちた感想の言葉に、聞いていたこちらも実践への意欲を鼓舞されました。

一般的な地上の価値観では、大企業に勤めているということが羨望の対象になるものです。
しかしスピリチュアリズム運動のために結成された組織のその巨大さは、地上の大企業の比ではありません。
「思想Ⅰ」によれば、何百億という高級霊が集結しているとのことです。

イエスを頂点とする光輝く大組織の末端の末端、最末端とはいえ、私たちはその一兵卒として働くことができます。
そのことを私たちスピリチュアリストは、ぜひとも誇りに感じましょう!

しかし同時に、霊界の道具としての自覚も必要かと思います。
上記の感想の中にもありますように、霊界の高い波長に感応できる道具になれるよう、自分の内面から利己性・物質性をできるだけ取る努力をしなければなりません。

真理普及は霊界主導ではありますが、地上で普及するのは地上のスピリチュアリストであることをしっかり自覚して、引き続き同志と共に真理実践・真理普及への努力を重ねてまいりたいと思います。

(2018年5月14日・記)
世話人

清水 千鶴

コンテンツ
---
読書会 申込み/問合せ
更新情報
2018年7月9日
読書会の模様&感想(7月)を掲載しました。

2018年7月1日
9月読書会のお申込み受付を開始しました。
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Member's Page
ログイン⇒
(パスワードが必要です)